FC2ブログ

多店舗経営?

私は日頃、岐阜駅の南口を利用しています。
岐阜駅からグレープフルーツビルまではさほど遠くないため、電車を利用するときはトコトコと歩いていくのですが、その途中、金津園という、とあることで有名な地区に、ず~っと気になって仕方がなかったお店たちがあるのです。


で、そのお店たちがこちら↓


R0010814.jpg

扉一枚のサイズからお察し頂けるように、一店舗あたりの間口が3mないほどの飲食店が4軒、身をすりあわせて立ち並んでいます。
ずっと、「ちっちゃいお店だな~」と、漠然と思っていたのですが、ど~も胸にひっかかるんです。

何か変だなと。

職業柄内装のレイアウトを考えたりしてしまうのですが、奥行きが長いわけでもないし、厨房作業スペースをとると、カウンターでしか成り立たないんじゃないかな、、、?


なんて考えていたら、わたくし、ある一つの恐ろしい仮説にたどりついてしまったのです!



ひょっとしてこの店たち、、



中、全部つながってるんじゃないの?



扉を開けるとそこにはズラーッと横一直線の長いカウンター。
申し訳ない程度にお店を区別するのれんが4席ごとにかかっている。
店主は真ん中あたりでウロウロ。どの扉からお客さんが入ってくるのかテニスプレイヤーのようにかまえている。

「カラカラ~」お食事処たぬきの引き戸が開く音
店主はダッシュでカウンター上の白い帽子をひったくると、前後ろを確認することもなくぞんざいにそれを頭にのせる。
「へいっいらっしゃい!」
威勢のいい職人の声だ。
その時、隣の中華料理、加納飯店のドアが!
店主あわててサイドステップ、カウンター上のほおずきのようなコック帽をつかみながら、ちょびひげを鼻の下にセット。
「アイアイ~ イラッシャイアルヨ~」
と、さらに時を同じくして、レストランフレンドのドアからサラリーマンが、追い打ちを掛けるように喫茶はるからは、カランカランコロン、アベックがご来店したから大変だ!
背高コック帽に赤い襟巻きで背筋を伸ばし、1オクターブ低い声で「いらっしゃいませムッシュ~、っしょ、少々お待ちを、」
さらに2ステップ帽子を投げ捨てチェックのシャツを羽織るとパイプを片手に
「コホン、いらっしゃい。ムムムおふたりさん、さてはアチチだな」
「おーいオヤジ!カツ丼とざるそば~!」
「へいっただいまっ」
「俺天津飯。大盛りで。」
「アイアイヨ~ッ」
「今日のランチはなんですか?」「おれブルマンと、彼女ミルクティぬるめで。」
「え~ほ、本日はアルネですねブルマとドンミティを大盛りででっででカツ丼を天津でソテー、は、しないしないでハンバーグを 「おーい俺やっぱ天ぷらそばにするわはいへいっ大将まいどありだぞっ迷え迷えそれが青春。僕なんかもね、「じゃあハンバーグでいいや ウィムッシュ~お水まだーシェイシェイヨーあっこちも俺たちもお水~おやじやっぱカレーうどんにするわ~ カランコロンカラン へいいらっしゃアルでござあるあらあれれ


こんな毎日が繰り返されているに違いありません。







どなたかいっしょに行って頂ける方メール下さい。
4人集まったら行ってみたいと思います。

もちろん、せーのでね。


スポンサーサイト



Comment

はい!
はいv-222
是非行ってみたいです^^
しかも、金津園っていうのが魅力的ですね。
仮説・・・すっごく面白かったです。
って、いうか「そうに違いない!」って思っちゃいました(笑)

あ、ご挨拶遅れました。
アーキスタジオさんのblogからお邪魔しました、34歳の主婦ですv-22

とてもセンスのいいデザインたちにうっとりしてしまいました。
これからも、また寄らせていただきますー^^
kaz。さん>
さっそくのご参戦ありがとうございます。(笑)

妄想を暴走させながら日々デザインという仕事をしております。

本サイトの方があまり更新されてませんが、徐々に作品をアップしていきますので、たまに覗いてやってくださいね。
  • 2008/09/13 11:00
  • water
  • URL
はいはい!
噴きました!凄く面白い妄想!で、裏に1個だけ厨房(家庭用のキッチン)があったりしてね~(笑)。
たまにのぞかしてもらってます。凄くいいウェブサイトですね。
同じく、岐阜でデザイン業を営む同業者より
  • 2008/09/18 16:40
  • T@ke
  • URL
  • Edit
おっと二人目!
T@keさん>
うわっ絶対厨房家庭用キッチンだわ!
ひょっとするとカセットコンロの可能性大ですね。
裏口回るとイワタニの缶がゴロゴロしてたりして。

応援頂いたのでがんばって更新します。(僕じゃなくてヨハンがですが。。。)
  • 2008/09/18 18:06
  • water
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)