FC2ブログ

本日の講義(写真は意味無しバニーエさんのケーキ)

cake.jpg



名古屋のお世話になっている木工所(?)へ打ち合わせにいったときのことである。かなりご無理を言って制作して頂いているので、なにか差し入れでもと思い、道なりに見つけたケーキ屋さんでケーキを購入。たぶん3人だろうから僕入れて4個あればいいと思いつつも、助っ人が見えてたらいけないからともう1個、合計5個のケーキを手みやげにお邪魔する。



お邪魔してみるとスタッフは3人。
ひととおり打ち合わせをすませると、じゃあちょっと休憩しましょう。とお茶タイムになった。

そこでのお茶の時間の楽しかったことといったら!


さあこれからが本題ですよ。





デザインというものは

5個目のケーキのようなものである

ということ。


さて5個目のケーキはなにをしたのか?

まず第一に、選ぶという楽しみを増やしてくれたこと。4個でも選ぶには違いないでしょうが、最後の人には多少なりともの残り物、自分の意志で選んでいないという劣等感が発生します。それに5個目のケーキがあることで、全員が自らの意志で選択したという欲求を満たしたのです。

そして第二、5個目のケーキをどうしよう、とみんなが考えるという思考のきっかけを生み出していること。4個の均一に配分されたケーキでは目の前にある自分の(ものになった)ケーキと向き合うしかないのです。そこには味に対しての思考しか生まれません。
5個目のケーキは、欲望を生み、思考を生み、アイデアを生み、会話を生んだのです。
このときは結局まんなかに置かれたケーキを山崩しのようにあっちこっちから食べていって、細くなったケーキを倒れないようにするスタッフの所作がおかしくて、みんなで大笑いしながら食べました。

同じ一個のケーキが楽しい時間を生み出したのです。



単純にきれいにものをつくることはできる。僕らはプロだから。
だがそれでけでは4人に4個のケーキを分けることに通じる。
「用」を満たしたことにすぎない。
これはデザイナーでなくオペレーターのようなものだ。

5個目のケーキを用意すること。
これは物質的な満足を差すのではなく、そこから人の思考、行動、楽しい気持ちを生み出すこと。

ものそのものだけでなく、そのものがあることによって生まれる「ものの外側」その空気をつくること。

それがデザイナーの仕事であると私は考えます。




ご静聴ありがとうございました。














追記:5個目のケーキの効果を考えてしたことなら私は一流だと思いますが、残念ながら今回はただの偶然です。。。もっと精進せねば。
スポンサーサイト



Comment

なんだか難しいお話でした。

あたしの前に5個目のケーキがあったら・・・ジャンケン・・・しか思いつかないかと

5個目のケーキの存在がそんなにすごいなんて!!って思いました\(^0^)/
ステキですっ!!!
  • 2007/03/10 14:23
  • なおつん
  • URL
完璧だ。
  • 2007/03/10 16:15
  • ゲート
  • URL
じゃあ今度はわたしが
「セックスは5個目のケーキのようなものである」について、後戯……いや、講義いたしましょう。
  • 2007/03/10 17:00
  • ロミ姉
  • URL
あんた~
ただのオシャレ野郎じゃないねっ…(木の実ナナ)。

  • 2007/03/10 17:51
  • 猫の毛
  • URL
興味深いお話でした。
思わず読み入ってしまった。
5個目のケーキの役割はすんごいおいしいね♪
  • 2007/03/11 17:22
  • nao
  • URL
なおつん>
じゃんけんでもよいのですよ。
+αの楽しみが生まれること。それが重要なのです。

ゲートさん>
思想はね。。
さあ、そこで我々は何ができるか。ですな。

ロミ姉>
いま書いてるでしょ!
官能小説モードで書き込まれるといっぱい誤解を生むので気をつけてね!
書き上がったら是非読ませてくださいませ。

猫の毛ちゃん>
そうだよっ!
いまごろ気がついたのかいっ!(木の実ナナ返し)

naoちゃん>
おいしーよねー
これを作り出したいんだなぁ。。
難しいぜい。
  • 2007/03/12 09:34
  • water
  • URL
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2007/03/12 23:45
ケーキいい話っすね。偶然が一個大きな必然になりんすね。

住所決まったんすがどうすればよろしいですか?
  • 2007/03/24 10:55
  • タツヤ
  • URL
ウィー、
あっしのメールアドレスに住所送ってくんなまし。
しくよろん島
  • 2007/03/26 11:17
  • water
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)