FC2ブログ

言葉の意味2

世の中には本来持っている意味とは違う姿になって認知されている言葉がたくさんあるなと思うのです。

そういうものを発見すると、とてもゾクゾクします。

うわっ、オマエ、生まれはそこかい!みたいな。


「ドレッシング」ってありますよね。そう、あのサラダにかけるやつ。あれって「ドレッシング」っていう名前じゃないですか。誰が聞いても「ドレッシング」ですよね。



先日わたくし、とんでもないことに気づいてしまったのです。

「あれ、コイツひょっとして、「ドレス」に「イング」でドレッシングなんじゃねえの?」と。



初めてドレッシングを開発した料理人・ジャン(仮名・でもたぶんあってる)が、

「野菜のぶったぎりにかけると瞬く間にうまくなるこのすばらしい液体をなんと呼ぼう?
おおっ、そうだ!野菜をおいしく着飾ることにあやかって、これを「ドレス」と呼ぼう!
いやそれではなまぬるいな。
ぶっかけた瞬間に野菜が料理に生まれ変わるこのライヴ感!それはまさに現在進行形!
そうだ!イングをつけよう!!

ドレス・イング、 ドレスイング、、、  ドレッシング!!!」

ドレッシング誕生の瞬間であった。
野菜のぶったぎり(後にだれぞによってサラダと名付けられる)を瞬間に着飾るもの。
だからドレッシング。

なんというエスプリ!
すごいぞジャン(仮名)!!





こうして生まれたドレッシングは、その便利さとおいしさから瞬く間に世に広がり、いつしかドレッシングという固有名詞として認知されていくこととなった。

そして今日も世界の食卓をおいしく着飾っているのである。







裏付けはまったくありませんが。。







本当の由来を知っている人がいたら教えて下さい。

スポンサーサイト

Comment

ドレッシング・・・???

サンドイッチは“サンドイッチ伯爵”からきてますよねぇ?
ってことはドレッシングは・・・・・

ドレッシング姫ぢゃないですかねっ?
  • 2007/01/25 22:28
  • なおつん
  • URL
ええっ!? そうなの!?

ジャンは、、ジャンはどこで出てくるんだろ。 悲運の恋人かしら?

あ~~、また妄想がっ!
  • 2007/01/26 13:07
  • water
  • URL
要らんことに詳しい人です。
その意味でおおよそ合ってるよ。

ちなみにサラダの語源は「塩(ソルト)」です。
  • 2007/01/27 12:01
  • ギリギリの人
  • URL
おおっ!マジですかっ!?
合ってたんだ。へえ~。

で、ジャンは?ジャンはどうなの!?



ソルトがサラダになった経緯はまた考えます。
  • 2007/01/27 17:37
  • water
  • URL
英語の時間
動詞+ingで、「動名詞」という、たぶん中学二年くらいで習う英語の基本を知ってか知らずか、もの凄い勢いでジャンを褒め称える、そんな鷲見君が好きです。ゾウさんはもっと好きです。
だれかと思ったらトキオのにいちゃんやん!
まあ、勢いだけで生きてますから。
たいしたことじゃなくても、世の中テンションでどうにでもなるもんです。

で、ぞうさんは僕も好きです。
  • 2007/03/12 21:18
  • water
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)