FC2ブログ

飛んでX8 回ってX4

1ヶ月ぶりのごぶさたです。
近頃の僕というと、ありがたいことで円広志よろしく、たのしく飛び回っております。

そんな「いろいろ行ってきた」をダイジェストでご紹介します。


いろいろ行ってきたその1:北海道はホントにでっかいどーだった

R0011998.jpg

キーンとひっととび。日本の屋根にはまだまだ雪が。


R0012048.jpg

R0012066.jpg

モエレ沼公園。イサムノグチの構想を20年以上の歳月を掛けて実現した公園です。
でっかいです。面積ってことだけじゃなくてね。

モエレ沼公園>http://www.sapporo-park.or.jp/moere/

R0012022.jpg

オマケで小樽にもちょいと。シースーのニーウーがマイウーでした。






いろいろ行ってきたその2;滋賀湖北に北欧を見る

IMG_0090.jpg

美術館のデザインをさせていただいている会社の会長よりお誘いをうけ、滋賀湖北の料亭、湖里庵へつれていっていただきました。写真はお座敷から見える風景。
遠藤周作が名付け親であるこのお店、お料理、サービス、ロケーションと、とにかく素晴らしいの一言です。初めて食べた鮒寿司も最高!
そしてこの湖北地方、まるで北欧を思わせるような美しさなんです。
滋賀にこんな素晴らしい所があるとは。あんまり知られてないと思います。ただ行くだけで気持ちよい滋賀湖北はこれから要チェックや~。

湖里庵>http://www.korian.net/index.html
(webはちょっと、、、だけど店はすごいです。)


いろいろ行ってきたその3:雨音は信濃の調べ

R0012137.jpg

大雨の中、中央道を走り長野県まで。
目的は信濃デッサン館。山奥にひっそりと佇む私設美術館です。
若くして亡くなった村山塊多という画家を中心に、とても本質的で力強い作品群をみることができます。
時代もあるのでしょうが、純粋に本能の赴くままに描かれた絵たち。絵といものの本来ある姿を教えられた気がします。
リー師匠のおっしゃっておられた、「Don't think feel 」を思い出しました。

ホントはここの建築を見たくて行ったのです。
写真をみておわかりのようにとってもよい佇まいなのですが、実にアヴァンギャルドな建築で、経年によって自然にとけ込むことによって、そのギャップが倍増の魅力を生み出しています。

晴れてたらすばらしい眺望がカフェから窺えるとのこと。う~ん残念。
でも雨の信濃路もなかなかよいものです。特に新緑の季節の雨はきれいですね。
これもまたよしです。

きっちりバーソーをたぐって帰路につきました。本場はやっぱりうまいですね。


信濃デッサン館>http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/museum/mugon.htm





まとめ:

お休みには、「抜く休み」と「入れる休み」があります。
ただただ何も考えないゴロゴロな抜く休みもよいですが、積極的にいろんなものを入れる休みもアタマをリラックスさせてくれるものです。

入れる休み、取ってますか?

忙しいとついつい休みは「抜き」がちになりますが、「入れる」方が疲れがとれる場合もありますよ。









スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。