FC2ブログ

すでにあきたスムニダ

ただいまトランジット待ちスムニダ。

まだ2時間しか乗ってないのにもうあきたチョセヨ。

iphoneからのブログアップで写真の添付ができなカムニダー!


もうすぐパリにとびマシッソヨ。



韓国インチョン空港にて/
スポンサーサイト

ちょっとそこまで

これからちょっとパリまでいって参ります。

ヨハンと男二人旅です。

iphoneを海外で使うと法外な請求がくるらしいですが、ワイハイでレポートしてみたいと思います。

では。

いってきます。


空港へ向かう名鉄電車にて/

家具をつくる

今ではいろんなデザインをさせて頂いておりますが、私の始まりは「家具デザイン」です。

最近では単体で家具デザインをすることは少なくなりましたが、定期的にいろんな家具を製作させて頂いております。

そんな中でもホームシアター用のAVボードをよく作らせていただきます。

KAGU (1)

KAGU.jpg

KAGU (2)



家具はいいですね。家具は。原点はふるさとです。


もっといろいろ作りたいなあ。なんて思ったりしています。

一生のうちに最高に満足できる木の椅子を1脚作るのが夢です。

今はまだその片鱗すらありませんが。

自然に出てくるのを待っております。


はや15年。 間に合うかしら?




さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> その4

9月の東京ビッグサイトで行われたギフトショーにて、昨年より進めておりましたGIFU LANTERN PROJECTから生まれた、レター提灯の発表がありました。
レター提灯はプロジェクトメンバーである則竹由香さんのデザインした、手紙として贈ることのできる提灯です。

basic03.jpg

basic02.jpg



http://gifulanternproject.jp/

DesignWaterとしては、プロジェクト全体のアートディレクションと、レター提灯のパッケージデザイン、パンフレット、そして今回の展示ブースデザインを担当させて頂きました。

手に乗るほどの、とっても小さな提灯だったので、展示にあたって私たちが考えたアイデアはこれっ↓

letter.jpg


直径100cmの超バカデカレター提灯を作ってみました。
イサム・ノグチのAKARIシリーズを製作されている岐阜提灯メーカー(株)オゼキさんに無理言って作って頂きました。
これがインパクトと共になかなか好評で、なんだか親子みたいで面白かったです。

後ろに見えるのが封筒。これもぬかりなく作りました。
人がそのまま送れそうでした。



岐阜提灯のプロジェクトは形を変えて進行中です。
また来年あたりには、私たちの提灯プロダクトがお見せできるかもしれません。

さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> その3

NAGOYA DESIGN WEEK 2009に参加し、エキシビジョンを開催させていただきました。

テーマは「選択」

私たちは毎日、無数の選択をすることによって生きています。
意識、無意識にかかわらず。
そして、その無数の選択の積み重ねによって、明日の自分が作られるのです。
ということは、そんな日常の選択をちょっと気をつけてみるだけで、
一年後の自分はまるで違う人になっているかもしれません。

そんな日常の選択を感じてもらうことで、
なにかが少しでもいい方に変わってくれたらいいなと思います。

sentaku.jpg

sentaku (2)

sentaku (1)





今回の展覧会に際しご協力頂いた皆様。心から感謝いたします。

NDW関係者並びにコーディネイターOgni村上様
Yamagiwa nagoya様
なかむら工務店株式会社様
Consent furniture様
サンスイ工房様
GO-TECH様
BAR-BAROSSA様
RIDGE様
みかちゃん

そして足を運んで頂いた皆様





全てにみなさんのこれからによい選択を。




さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> 番外編

さる10月31日。
パティスリー Le Vanillierさんのハロウィンパーティに参加してきました。

Le Vanillierさん>

毎年行われるお店での仮装パーティです。
お子さんから大人まで、たくさんのお客様がこの日のために仮装してお店を訪れてくれています。
そういうお客様との関係ってとっても素敵なことです。商売だけじゃないところで一緒に楽しみを共有できるイベントって、お店主導でやっているイベントではなかなか見かけないのではないのでしょうか。
お店の人たちが楽しんでるってのがいいんでしょうね。

そんなこんなで私も毎年参加させて頂いております。
だいたい当日になってから、身の回りを見渡してパッパッと仮装するのですが、私にとってはそれぐらいがじっくり仕込んだネタじゃなくって、瞬間芸のようで楽しいのです。


ということで、今年の仮装はこちら↓





michel.jpg

THIS IS IT!  ポゥ! 



全部私物なので、普段着なんですけどね。。。

さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> その2

天下分け目でおなじみの関ヶ原。
そこに関ヶ原製作所という会社があります。
大きな理念を持ち、非常に文化的な活動をされておられる会社です。

関ヶ原製作所>http://www.sekigahara.co.jp/

誰でも自由に出入りできる広大な敷地内には、様々な彫刻が点在し、生活美術館として、自然に芸術とふれあえる場所というものを20年かけて築き上げてこられました。

その大きな流れの中で、また一つ新しい美術館が11/1にオープン致しました。
版画家 清塚紀子さんの為の美術館、[KIYOTSUKA MUSEUM]がそれです。

空間アドバイザーとして建築面を、またデザイナーとして併設カフェの家具やエントランス扉をデザインさせていただきました。

実に心地の良い、素晴らしい美術館です。
今よりも10年後、20年後、時間が経つほど良くなっていくように考えて作りました。

秋の紅葉がはじまっております。ドライブがてら是非関ヶ原にお立ち寄りいただければと思います。


kiyotuka (4)
kiyotuka (5)
kiyotuka (3)
kiyotuka.jpg
kiyotuka (1)
kiyotuka (2)

さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> その1

とってもあわただしかった10月が終わり、すっかり放心状態の11月。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
旬な情報をお伝えするのがブログだと言われるならば、ええ、これはブログではないかもしれませんが、めっちゃがんばってお仕事させていただいたので、お願いですから紹介させて下さい。 
このシリーズしばらく続きますのでご容赦を。

それでは、さかのぼりブログ <今年の秋は熱かった> その1をどーぞ。


その1:逗子に歯医者さんを作ったの巻

以前からちょこちょこ登場しておりました神奈川県は逗子市でのお仕事、「MARIMO歯科・矯正」が10/20にめでたくオープンいたしました。
実に湘南らしい、味のある歯科医院になりました。
超こだわりのある先生とともに作り上げた医院です。
これからどんな味をかもし出していかれるのか。それが楽しみでなりません。

MARIMO (1)

MARIMO.jpg

MARIMO(3).jpg

MARIMO (2)

marimo5.jpg





さてこの医院がどうやってできていったのか。
仕事には綿密な打ち合わせがかかせません。
普段は目にすることのない、そんなとある日の打ち合わせ風景をごらんください。


ここは鎌倉。時は夏真っ盛り。先生にご用意していただいた打ち合わせ場所へ向かいます。

marimo2 (2)
ガタンゴトン。まずは江ノ電が通り過ぎるのを待って、

marimo2 (3)
踏切でもない所を堂々と渡り、

marimo2 (5)
とてつもない急坂をどんどん登り、

marimo2 (4)
おーうおう、あっちいのうー。などと弱音をはきつつ進むと、

marimo2 (6)
見えてきたのは海を一望する天空リストランテ「アマルフィ」
今日の打ち合わせ会場です。

marimo2 (7)
こーんなんがでてきたところで、仕事開始!

marimo2 (1)
ふむふむ、そこがそーなるわけですね。

marimo2 (8)
そこはそーなるわけですな。ってか右手になんか持ってますけど。。。

marimo2 (9)
も、もうだめじゃ~ってことで、「かんぱーい!」
いいんです。脳みそってやつは、ちょっとゆるんだ方がいいアイデアがでるんです~だ。
グビッグビッ プハ~

く~、ツーナーのマーヒルのパンシャンはマイウ~だよね~

グビッグビッ プハ~


・・・・・・・・・・・・


marimo2 (10)
「見てみて~、江ノ島が手に乗っちゃった~」

「・・・・・」



はいっ、打ち合わせ終了!





こんな調子でプロジェクトは日々進んでいくのでした。

ちゃんちゃん


GOODDESIGN賞

以前お伝えさせて頂いた、DesignWaterでデザインさせていただいた毛抜き [NOOK]の、GODDDESIGN賞授賞式に行って参りました。

パッパッと事務的にいただくだけと思ったら、審査員の方からちょっとした壇上に上がって手渡ししていただけて、とってもありがたかったです。
会場はミッドタウン、大賞審査発表などもあり結構壮大な感じでTV中継されておりました。


という会場の中で、うっかりTシャツとスウェットパンツで行ってしまい超浮いてる私と、とまどい気味の審査委員でありプレゼンテーター、インダストリアルデザイナー柴田様でした。

nookaward.jpg



36にもなって、、恥ずかしい。。。  ポリポリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。